カーリースに向いている人の特徴は?実体験を元にリースと購入どちらが得か検証!

カーリースに向いている人の特徴7選

安い金額で新車に乗れることから、近年ますます人気を集めているカーリース

人気の新車でも早く納車したり、車にかかる出費が毎月安定していたりする点がとても評判です。

しかし「自分はカーリースに向いているのかな?」と心配になっている方も多いのではないでしょうか?

結論を書くと、カーリースに向いているのは、初期費用の負担を減らしたい人や数年ごとに新車へ乗り換えたい人です。

カーリースに向いている人の特徴7選

カーリースに向いている人の特徴7つ
  • 初期費用の負担をなるべく抑えて新車に乗りたい人
  • 車を維持していくなかで突発的な出費を気にしたくない人
  • 数年ごとに新車に乗り換えたい人
  • 車購入の手続きに時間をかけたくない人
  • 車検やメンテナンスに詳しくない人
  • 事業用自動車の導入を考えている人
  • 人気の新車に早く乗りたい人

一方で以下のような人はカーリースには向いていません。

自分が当てはまるかをしっかりチェックしておきましょう。

カーリースに向いている人の特徴7選

カーリースに向いていない人の5つの特徴
  • 総支払額を安く抑えたい人
  • 車を自分のものにしたい人
  • 車をカスタマイズしたい人
  • 走行距離が長くなりそうな人
  • リース期間中に解約するかもしれない人

この記事では教習所教官として車の維持管理について指導してきた私が、カーリースに向いている人の特徴をピックアップしました。

カーリースに向いていない人の特徴や、向いていない人はどうすればいいのかも紹介しています。

カーリースに向いている人の特徴7選を中心に、徹底解説します!
車好きのためのブランド『シカクイクルマ』
スクロールできます
ナイロンジェットキャップ
シカクイクルマTシャツ(ホワイト)
シカクイクルマTシャツ(ブラック)
ハイリフトTシャツ
海辺で休憩Tシャツ
カレッジプリントスウェット(グレー)
ボアフリースジャケット

クルマ関連のアパレルは無骨なデザインが多いという声を聞き、以下のような点にこだわりました。

  • 男女どちらでも着られるデザイン
  • 街に着ても着られるデザイン
  • さりげなくクルマ好きをアピール

¥15,000以上の注文で送料無料!

目次

カーリースに向いている人の特徴7選

カーリースに向いている人の特徴7選
教習所の教官として車の管理についても教えてきた私が、カーリースに向いている人の特徴を7つご紹介します。

カーリースに向いている人の7つの特徴
  • 初期費用の負担をなるべく抑えて新車に乗りたい人
  • 車を維持していくなかで突発的な出費を気にしたくない人
  • 数年ごとに新車に乗り換えたい人
  • 車購入の手続きに時間をかけたくない人
  • 車検やメンテナンスに詳しくない人
  • 事業用自動車の導入を考えている人
  • 人気の新車に早く乗りたい人

どれか1つでも当てはまっていれば、カーリースに向いていると言えます。

カーリースに向いている人の特徴について、それぞれ詳しく解説していきますね。

初期費用の負担をなるべく抑えて新車に乗りたい人

新車を購入する場合、通常であれば数十万円〜数百万円単位で初期費用が必要となります。

仮に自動車ローンを組んで分割払いにするとしても、頭金としてまとまった金額を用意する必要があるからです。

新車を購入する場合は、車両本体価格のほかにもさまざまな費用がかかります。

新車購入時の諸費用
  • 自動車税
  • 自動車重量税
  • 消費税
  • 環境性能割
  • リサイクル料金
  • 自賠責保険料
  • 任意保険料
  • 新車の検査登録手数料
  • 車庫証明の費用
  • 納車費用

これらの一部は自動車ローンに組み込めないため、まとまった金額を先に支払う必要があります。

カーリースであれば月々のリース料金を支払う契約スタイルなので、頭金や初期費用を用意しなくて大丈夫です。

カーリースでも新車購入と同様に、ボディカラーやグレード、オプションなども自由に選択できます。

無理することなく自分仕様の新車に乗れるのが、カーリースの大きな魅力ですね。

車を維持していくなかで突発的な出費を気にしたくない人

新車を購入した場合、車を維持していくなかで必ずかかる費用があります。

新車購入時の維持費用
  • 毎年かかる自動車税
  • 12ヶ月ごとの法定点検費用
  • 原則2年に1度の車検費用
  • タイヤなどの消耗品交換費用

いずれも数万円〜十数万円という大きい金額が必要になるイベントです。

突発的な出費で家計が圧迫されてしまう、という方も少なくないでしょう。

カーリースのリース料金には、車両本体価格だけではなく自動車税も含まれているので、突発的な出費を抑えられます。

カーリースの契約プランは、ユーザーの要望に合わせた柔軟なプランが用意されているのも特徴です。

「車検や消耗品の交換費用もすべてコミコミにしたい!」という方は、メンテナンスプランを選ぶと良いでしょう。

毎月一定の金額だけを支払うカーリースなら、家計管理がグッとラクになりますよ。

数年ごとに新車に乗り換えたい人

新車を購入しても、自動車ローンの支払いが終わるころには次の車に乗り換えたい気持ちも芽生えるでしょう。

車を下取りに出して次の新車を安く購入する方法を取る方が多いですが、ディーラーの下取りに高価買取は期待できません。

新車の乗り換えには再び初期費用がかかり、数年単位の自動車ローンも組むことになってしまうことも。

新車を購入して損したくないのであれば、長期的に乗り続ける必要があります。

カーリースであれば、金銭的な負担がなく数年ごとに新車の乗り換えが可能です。

カーリースの新車乗り換え手順
  • リース契約終了時に車を返却する
  • 次に乗りたい新車のリース契約を締結する
  • 以前と変わらない負担額で新車に乗り換えられる

結婚して家族が増えたり子どもが成長したりするなど、ライフステージが変化することもあるでしょう。

月々の支払いが変わらない金額で、ライフステージに合った新車に乗り換えられるのも、カーリースの大きな魅力です。

車購入の手続きに時間をかけたくない人

新車を購入する場合、値引き交渉や見積もり比較も含めて何度もディーラーに足を運ぶ必要があります。

カーリースであれば、リース会社によっては見積もりから契約まですべてインターネット上で手続きを進めることが可能です。

リース料金は全国一律なので、面倒な値引き交渉や販売店ごとの見積もり比較をする必要もありません。

自宅でスマホから契約を進められるので、忙しい人にはとくにおすすめです。

車検やメンテナンスに詳しくない人

車を安全に利用し続けるためには、こまめなメンテナンスが必要不可欠です。

しかし国土交通省が実施した「自動車の点検・整備に関するアンケート調査」によると、わずか51%しか定期的な検査を実施していません。

残り約半数のアンケート回答は、以下のとおりです。

車保有者49%の点検状況
  • 車検のときだけ実施している 30.1%
  • 実施したり実施しなかったり 11.4%
  • まったく実施していない 7.5%

教習所教官として言わせていただくと、車検だけでメンテナンスを済ませている車の管理方法はおすすめできません。

車の劣化が早いだけでなく、走行中のトラブルから交通事故を誘発する危険性もあるからです。

カーリースであれば、定期点検の実施日はすべてリース会社で管理してくれるので、メンテナンスの時期を気にする必要はありません。

メンテナンスプランなら、メンテナンス費用もリース料金に含まれているのでさらに安心です。

事業用自動車の導入を考えている人

事業用の自動車であれば、一度に複数台を用意することもあるので、初期費用が高額になりがちです。

カーリースなら月々のリース料金だけで済むので、事業用自動車を一気にそろえても負担は少ないと言えるでしょう。

事業用の自動車をカーリースにすることで、月々のリース料金をそのまま「リース料」として経費計上できます。

面倒な減価償却などの手間が省けるため、経理の処理を簡略化できるのも嬉しいポイントですね。

人気の新車に早く乗りたい人

近年は感染症や世界情勢の変化に伴い、原材料費や輸送費の高騰が続いています。

車を新車で購入する場合に納車が長期化しているのが現状です。

その点カーリースでは人気車の納車が早いというメリットがあります。

各自動車メーカーの工場では、一般製造とは別にリース用の生産枠を設けていることが理由です。

例えば2023年1月に発売された新型プリウスは納車1年以上待ちですが、リースなら約2ヶ月待ちで乗れます。

他の人よりも早く人気の車に乗りたい!という方は、リースを検討するのもアリですね。

カーリースに向いていない人の特徴5選

カーリースに向いている人の特徴7選
魅力たくさんのカーリースですが、以下に該当する方はカーリースに向いていないと言えるでしょう。

カーリースを後悔してしまわないように、以下項目のチェックをしてくださいね。

カーリースに向いていない人の5つの特徴
  • 総支払額を安く抑えたい人
  • 車を自分のものにしたい人
  • 車をカスタマイズしたい人
  • 走行距離が長くなりそうな人
  • リース期間中に解約するかもしれない人

どれか1つでも当てはまりそうな場合は、車の購入をおすすめします。

それぞれの特徴について、詳しく解説していきますね。

総支払額を安く抑えたい人

車を長期的に保有することが目的の場合、もっとも安く車を手に入れる方法は現金一括払いです。

自動車ローンを組むとしても、銀行ローンの利率は2%前後と安い利率で推移しています。

参考:住信SBIネット銀行自動車ローン

月々のリース料金は、契約期間が長くなるほど総支払額が高くなることを知っておきましょう。

車のレンタル料金には、リース会社の利益が上乗せされているからです。

車を自分のものにしたい人

カーリースには、契約終了時に3つの選択肢があります。

カーリース契約終了時の選択肢
  • 車を返却する
  • リース契約を継続する
  • 車を買い取る

仮にリース車両を買い取る場合でも、追加でまとまった金額を支払う必要があります。

これまでのリース料金も合わせると、通常購入よりも高くなってしまうのでおすすめできません。

車をカスタマイズしたい人

カーリースは車を定額で借りるサービスなので、契約終了時は原則として車を返却する必要があります。

契約時と同じ状態で返却することが求められているので、カーリースで車を自分好みにカスタマイズすることはできません。

最終的には車を買い取るつもりでも、カスタマイズを禁止しているリース会社もあるので注意しましょう。

走行距離が長くなりそうな人

カーリースでは、月間単位や年間単位で走行距離の制限があります。

設定された走行距離をオーバーすると追加料金を支払う必要があるため、頻繁に車を使う方は注意が必要です。

リース会社ごとに制限している走行距離はバラバラなので、複数のリース会社を比較すると良いでしょう。

リース会社によっては、走行距離の制限が無いところもありますよ。

リース期間中に解約するかもしれない人

リース期間中に解約となる要因はいくつかあります。

リース期間中に解約となる要因
  • 飽き性で頻繁に車を変えたくなる
  • 交通事故で車を全損させてしまった
  • ライフスタイルの変化で車が必要なくなった

万が一、リース期間を満了する前に解約してしまうと違約金が発生します。

交通事故で車を全損してしまった場合は、車を弁償する必要があるので注意しましょう。

カーリースに向いていない人はどうすればいい?

運転中のハンドル
自分がカーリースに向いていないと感じたなら、カーリースにこだわらず車の購入がおすすめです。

車の購入でも、ポイントを押さえておけばカーリースよりお得に車を保有できます。

車の購入でお得になるポイント
  • 頭金は最小限に抑える
  • こまめにメンテナンスをする
  • リセールバリューの高い車を選ぶ

上記3つのポイントを押さえておくと、車にかかるコストをかなり節約できます。

それぞれのポイントについて、詳しく見ていきましょう。

頭金は最小限に抑える

自動車ローンの利息分を少なくするために、頭金を多めに入れるのが一般的です。

しかし新車を現金一括購入したり頭金を多めに入れるのは、資産形成の機会損失にもなります。

2023年現在、自動車ローンの金利は約2%前後とかなりの低金利です。

一方で金融庁が勧めているつみたてNISAなどに投資すると、成績が良ければ利回り3〜7%が狙えます。

ローンの利息よりも高い利回りが狙えるインデックス投資などに資金を回したほうが、将来的にトータルで得する可能性もあるということです。

低金利のローンをあえて組むことで、逆に資産を増やせる選択肢もあることを知っておきましょう。

こまめにメンテナンスをする

車の管理状態は、買取査定に大きく影響します。

点検やメンテナンスは記録として残るので、こまめにメンテナンスをするほど売却時に高値が付くでしょう。

長期的に車を保有するとしても、こまめなメンテナンスによって車が長持ちするのでコスパが良いです。

目先のメンテナンス費用をケチらず、将来的な損失を避ける行動としてもこまめなメンテナンスは重要ですよ。

リセールバリューの高い車を選ぶ

リセールバリューとは、購入したものを売るときの価値のことです。

人気が高い車ほど、多少状態が悪くても高値で売れるため、リセールバリューを考えて車を購入するのは賢い選択肢となるでしょう。

リセールバリューが高い車
  • トヨタ ランドクルーザー
  • トヨタ アルファード
  • ホンダ N-BOX

これらの車は国産車のなかでもトップクラスにリセールバリューが高い車として有名です。

特に近年は、新車の納車が長期化している影響から、中古車の需要が高まっています。

1年保有でほとんど値下がりせず売れる場合もあるので、購入金額が高くても人気車を狙うのもアリですよ。

まとめ:新車に乗り続けられるカーリースはおすすめのサービス

この記事では、カーリースに向いている人・向いていない人の特徴について詳しく解説してきました。

カーリースは、毎月一定額を支払うだけで新車に乗れる人気のサービスです。

自動車ローンでの新車購入とは違って、リース料金のなかに自動車税やメンテナンス費用も含まれているのが魅力的。

車の購入や維持に関する煩わしさをすべて解決してくれるカーリースを、この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

   MAXXISからPR!!激安タイヤ・ホイール買うなら流通王! 流通王のロゴ
  • 新品タイヤ続々入荷中!
  • 店舗レビュー4.76点の高評価
  • 15時までの注文で即日発送!
目次