ヤリスカーリースが月々9,900円〜乗れる!料金シミュレーションで3社を比較!

トヨタ自動車の「ヤリス」は、2023年の販売台数No.1のコンパクトカーです。

「ヤリス」は「ヴィッツ」として人気のあったコンパクトカーを、2020年2月にフルモデルチェンジして誕生しました。海外では、もともと「ヤリス」として販売されてましたが、フルモデルチェンジを機に名前を統一しています。

ヤリスのコンセプトは「軽く、小さく、扱いやすく」です。

運転のしやすさ、優れた操縦安定性、高い燃費性能、さらに躍動感あふれるスタイリングをコンパクトなボディに凝縮しました。

ここからは、圧倒的人気の「ヤリス」をカーリースで乗るのがおすすめな理由を説明します。

また、ヤリスのリース料金や一番安く借りられるカーリース会社も紹介します。ヤリスの基本情報や魅力、ヤリスがおすすめな人の特徴まで詳しく解説します。

最後まで読むことで、カーリースを利用して「ヤリス」に乗るのがおすすめの理由がわかるでしょう!

車好きのためのブランド『シカクイクルマ』
スクロールできます
ナイロンジェットキャップ
シカクイクルマTシャツ(ホワイト)
シカクイクルマTシャツ(ブラック)
ハイリフトTシャツ
海辺で休憩Tシャツ
カレッジプリントスウェット(グレー)
ボアフリースジャケット

クルマ関連のアパレルは無骨なデザインが多いという声を聞き、以下のような点にこだわりました。

  • 男女どちらでも着られるデザイン
  • 街に着ても着られるデザイン
  • さりげなくクルマ好きをアピール

¥15,000以上の注文で送料無料!

目次

ヤリスに乗るならリースがおすすめ!その理由は?

ヤリスは、一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が発表した「2023年乗用車ブランド通称名別順位」で1位を一度も明け渡すことなく独走しました。

販売累計台数は94,364台、前年比115.3%と圧倒的な人気を誇るコンパクトカーです。

気になる車両価格ですが、2024年1月時点では、ガソリン車で150.1万円〜、ハイブリット車だと269.4万円〜となっているため決して安くはありません。

車を購入した場合は、カーローンを組むことが多いでしょう。

頭金が必要になり、初期費用や、車を維持費するために、定期的にまとまった出費が必要になります。

カーリースなら、税金・メンテナンス代・車検費用・任意保険料などを含めた金額が月額料金で利用でき、車にかかる出費を毎月定額にできるのでおすすめです。

ここからは「ヤリス」に乗るならリースがおすすめな理由4つを詳しく解説します。

カーローンよりもお得に乗ることができる

カーリースは、カーローンよりお得に新車に乗ることができます。

どのくらいお得なのかを以下の表にまとめました。

出費項目カーローンカーリース

ローンの審査
カードローンで延滞があると通りにくい場合もある車の所有者がリース会社なので比較的通りやすい
頭金車両本体価格の20%〜30%なし
初期費用ありなし
税金10,800円/年なし
車検費用ありなし
メンテナンス費用ありなし
カーロンとカーリースの比較

カーローンを組むためには、審査に通過しなければなりません。カードローンで延滞してしまった場合など、過去に金融事故を起こしている場合は審査に通らない可能性もあります。

しかしカーリースは所有権がリース会社にあるため、リース金額の査定は一般的なローンより審査に通りやすい特徴があります。

さらにカーローンの場合は毎月のローン返済以外にも、毎年の税金やメンテナンス代、車検費用など多くの出費がかかります。

一方、カーリースの場合は車検や税金、その他諸費用が月額料金に含まれているため、大きな出費をすることなく、毎月一定額で新車に乗ることができてお得です。

頭金不要で毎月定額で維持できる

カーリースは頭金や初期費用を払う必要がなく、毎月定額で新車に乗ることができます。

車を購入してカーローンを組む場合は、車両本体価格の20%〜30%の頭金を支払うのが一般的です。

以下はヤリスをカーローンとカーリースで購入した場合の例です。

車両価格頭金20%頭金30%カーリース
150万円30万円45万円なし
250万円40万円60万円なし
ヤリスをカーローンとカーリースで購入した場合の頭金

カーローンを組むと頭金の支払いが必要ですが、カーリースは頭金を支払う必要はありません。30万〜60万円の頭金を一度に支払う必要がないので、家計の負担が減らせます。

またカーリースの料金には、税金や車検・メンテナンス料金が含まれています。頭金や車検など大きな出費を気にすることなく、初月から毎月定額の支払いで新車に乗れるのは大きなメリットでしょう。

マイカーのように乗ることができる

カーリースは乗りたい車種やボディーカラー、オプション、アクセサリーが自由に選べ、マイカーのように新車に乗ることができます。

契約期間を決められるので、その間はマイカーと同じ感覚で楽しめるでしょう。

レンタカーやカーシェアリングの場合は、ある程度希望の車種を選べますが、希望のカラーやオプションなどはつけられません。

必要な期間だけ利用できるというメリットはありますが、希望の車種が必ずあるという保証はありません。

またレンタカーやカーシェアリングは「わ」や「れ」ナンバーが使用されているので、レンタルしていることが周囲にわかります。レンタカーだとわかるのが嫌だと思う人も多いでしょう。

一方、カーリースはマイカーと同じナンバープレートが使えます。さらに手続きは必要ですが、希望ナンバーの取得も可能なので、リース車だと周囲に気がつかれることもなく、カーライフが楽しめます。

カンタンに乗り換えができる

カーローンで車を購入した場合、モデルチェンジした新車に乗り換えたくても、すぐに乗り換えができないことが多くあります。

ローンの支払いが残っていたり、初期費用が用意できなかったりすると、なかなか新車を購入しようという気にならないでしょう。

また、中古車を査定に出したり、契約をもう一度やり直したりと面倒な手続きが多いのも理由のひとつです。

しかしカーリースには、カンタンに車を乗り換えられるというメリットがあります。契約満了時にリース会社に車を返却すれば、すぐに新しい車に乗ることが可能です。

契約期間を3年や5年の短期にすることで、我慢することなくいつでも最新のヤリスに乗り換えることが可能です。

3社を比較!ヤリスを1番安くリースできるのはどこ!?

ヤリスは3年連続で「日本一売れた車」としてコンパクトカーでは絶大な人気を誇っています。

カーリースでもコンパクトカーのヤリスは人気があるため、どこのリース会社が一番安くリースできるのか知っておきたいですよね。

今回は大手人気カーリース会社である、定額カルモくん・オリックスカーリース・ニコノリの3社を比較して、解説していきます。

リース期間定額カルモくんオリックスカーリースニコノリ
3年74,535円
5年30,700円39,160円月々均等払い 28,722円
ボーナス払い 11,000円
7年29,540円33,220円
9年25,140円27,390円月々均等払い 24,478円
ボーナス払い 9,900円
11年22,500円25,080円

3社を比較した結果、ニコノリのボーナス払いを利用することで、月々の支払額を半分以上抑えてリースできることがわかりました。

比較している料金はリース料のみとなっており、オプションやメンテナンスパックは含まれていません。

基本の月額料金に必要であれば、メンテナンスプランやオプションなどを追加することができます。

実際にリースを利用する時は、契約期間やオプションで月額料金も異なるため、利用目的にあったプランを選びましょう。

今回は、ガソリン車X 1.0L FCVTで比較しました。グレードがUPすると料金も変動しますので注意してください。

ヤリスってどんな車?基本情報と魅力を解説!

ヤリスは2020年2月の発売以来、3年連続で一番売れた車です。2021年には日本車としては10年ぶりとなる「欧州カー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞しています。

ヤリスがここまで人気がある理由のひとつは、カタログ燃費約36km/Lの世界トップレベルの低燃費にあります。

さらに、安全性、操縦性、デザインや価格帯などのバランスがいいのも幅広い人気の理由です。

ここからは、ヤリスの基本情報や魅力を詳しく解説します。

グレード別基本情報

ヤリスには大きくわけて「X」「G」「Z」の3つのグレードがあり、17種類のラインナップを展開しています。

AT車だけで14種類あり、ハイブリッド・ガソリンの違いや、2WD/4WDなどが選べ、MT車は3種類のグレードがあります。

また、ハイブリッド車にはトヨタのコンパクトカーとして初めてE‐Four(電気式4WDシステム)を採用しています。

ボディカラーは、8色のモノトーンと3色のツートンの全11色から選べます。

ここからはグレードの特徴を紹介します。

Zグレード

Zグレードは、機能や快適性に優れた最上位モデルです。車内の装備を上質に快適にしたい、高い安全性を求めたい、タイヤを変えて走りも楽しみたいという人におすすめです。

特徴
  • フロントグリルのブラック塗装
  • シフトノブ、ステアリングが本革
  • 運転席のイージーリターン・シートヒーター標準装備
  • タイヤは15インチスチールホイール・16インチアルミホイール変更可能
  • 誤発進抑制機能を標準装備
  • 「ナノイーX」を標準装備
  • 3灯等式LEDヘッドランプが標準装備
  • ハイブリッド車は駐車操作をアシスト機能を追加可能

Gグレード

Gグレードは、内装・外装、機能のバランスの取れた標準モデルです。必要な機能がついているので、欲しい機能を追加して自分仕様にしたい人におすすめです。

特長
  • スチールホイールが標準装備アルミホイールが選択可能
  • ハロゲンヘッドランプが3灯式フルLEDに変更可能
  • スマートエントリー&スタートシステム標準装備
  • ディスプレイオーディオ8インチ
  • バックガイドモニターが標準装備
  • 運転席のリターンやシートヒーターなど「コンフォートシートセット」の追加が可能

Xグレード

Xグレードはシンプルな装備で価格を抑えたモデルです。燃費性能や走行性能を保ちつつ、最低限の装備でヤリスに乗りたい人におすすめです。

特長
  • ヘッドランプはハロゲン灯
  • 14インチタイヤとスチールホイール
  • ディスプレイオーディオ7インチ
  • スマートエントリーは4WD車のみ
  • シートの素材や形状は標準・シートヒーター搭載不可
  • DCM(専用通信機)を標準装備
  • ターンチルトシー追加可能

ヤリスの魅力

2021年からヤリスは3年連続で自動車売り上げ1位を死守しています。人気の理由はトップレベルの燃費性能と先進的な安全技術、運転性能のバランスが良さです。

ここからはヤリスの魅力をくわしく紹介します。

世界トップレベルの低燃費

ヤリスの最大の魅力は、燃費約36km/Lと世界トップレベルの低燃費で、これは「アクア」や「プリウス」を上回る数字です。

トヨタ最新の燃費技術が導入されたハイブリッドシステムと、コンパクトで軽量な車体が低燃費を実現しています。

「YARIS & GO」のキャッチコピーがあるヤリスは、走りも爽快で燃費を気にすることなくグングン走れます。

特にハイブリッドはスポーツカー並みのダッシュや、コーナリングを実現可能にしました。

燃費が良くストレスを感じることなく走れることが、ヤリスの爆発的な人気のひとつであることに間違いはありません。

コンパクトボディでも充実した安全性能

ヤリスは「軽く、小さく、扱いやすく」をコンセプトに、TNGAプラットフォームを採用。コンパクトなボディでも、充実した安全性能にヤリスの魅力があるといえるでしょう。

寸法は 全長3,950 mm x 全幅1,695 mm、全高1,495〜1,510mm。最小回転半径は、4.8m〜5.1m。小回りが利くので、Uターンや車庫入れはもちろん、狭い路地でも安心です。

ヤリスには以下の安全性能があります。

・予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」
・パーキングサポートブレーキ(MT車を除くZに標準装備)
・ブラインドスポットモニター(全車にメーカーオプション)
・セカンダリーコリジョンブレーキ
・自動防眩インナーミラー(全車にメーカーオプション)
・パノラミックビューモニター(全車にメーカーオプション)

これらの安全性能はグレードによって、また、全グレードでオプションの場合があります。

11色あるボディカラー

ボディカラーは、8色のモノトーンと3色のツートンの全11色です。

2024年1月に新色マッシブグレーが登場し、以下のカラーバリエーションが揃っています。

モノトーン・スーパーホワイトⅡ
  • プラチナホワイトパールマイカ
  • シルバーメタリック
  • ブラック
  • センシュアルレッドマイカ
  • コーラルクリスタルシャイン
  • アバンギャルドブロンズメタリック
ツートン・ブラック×アバンギャルドブロンズメタリック
  • ブラック×コーラルクリスタルシャイン
  • ブラック×マッシブグレー

モノトーンはエクステリア全体が単色、ツートーンはルーフがブラックで、ボディにカラーリングされています。

スタイリッシュでシックな外観は、どのボディカラーを選べばいいか迷ってしまいますね。

ヤリスはこんな人におすすめ!

ここまでは、ヤリスの魅力をたっぷりとお伝えしてきました。低燃費で高性能のヤリスは以下のような人におすすめです。

ヤリスは後席と荷室が狭く、ファミリーには少し狭く感じるかもしれません。2名がメインで乗車すると考えると、新卒の社会人や、結婚したばかりの夫婦、子供が成人したシニア世代などに向いています。

ヤリスは燃費の良さとコンパクトなボディーは爽快な走りを実現し、多くの安全性能がつきながら価格も抑えられています。
これほど魅力がつまったヤリスは、幅広い年代から指示されているのが人気の理由でしょう。

ヤリスは法人契約人気トップ3!

営業や取引先への移動に適したビジネスに最適な車として、トヨタはビジネスグレードがある以下の3つをおすすめしています。

  • 圧倒的な燃費と小回りの良さが魅力の『ヤリス』
  • 燃費もよく扱いやすい、ハイブリッド&コンパクトカー『アクア』
  • 先進の安全性と安定の走り、抜群の燃費『プリウス』

ビジネス(商用)グレードとは、ビジネス用途に特化した装備を加え、不必要な装備を省くことでコストを下げたグレードです。

ヤリスを法人契約でカーリースを利用する場合はいくつかのメリットがあります。

  1. カーリースの利用料は全額損金として計上でき、節税効果がある
  2. 車両の維持費が定額なり、予算や計画が立てやすい
  3. 車両の購入・処分・車検・メンテナンスなど手続きが減り、人件費が削減できる
  4. 運転が得意でない社員でも、小回りが効き、車体がコンパクトだから運転がしやすい

ヤリスは公用車としても、お手頃価格で高性能で人気が高い優秀なコンパクトカーです。

   MAXXISからPR!!激安タイヤ・ホイール買うなら流通王! 流通王のロゴ
  • 新品タイヤ続々入荷中!
  • 店舗レビュー4.76点の高評価
  • 15時までの注文で即日発送!
目次