【2024年最新】電気自動車おすすめランキング|EV車のメリット・デメリット

電気自動車おすすめランキング

従来の自動車に加え、国内でも電気自動車が普及している状況になりました。

電気自動車を購入する場合に、「具体的にどのような車種を選べば良いの?」と疑問をお持ちではないでしょうか。

歴10年の自動車ディーラー営業マンだった僕が、2024年最新のおすすめの電気自動車や選び方、電気自動車のメリットとデメリットについてご紹介します。

記事を最後まで読んで頂ければ、あなたの希望に合う最適な電気自動車を選ぶことができますよ。
車好きのためのブランド『シカクイクルマ』
スクロールできます
ナイロンジェットキャップ
シカクイクルマTシャツ(ホワイト)
シカクイクルマTシャツ(ブラック)
ハイリフトTシャツ
海辺で休憩Tシャツ
カレッジプリントスウェット(グレー)
ボアフリースジャケット

クルマ関連のアパレルは無骨なデザインが多いという声を聞き、以下のような点にこだわりました。

  • 男女どちらでも着られるデザイン
  • 街に着ても着られるデザイン
  • さりげなくクルマ好きをアピール

¥15,000以上の注文で送料無料!

目次

電気自動車(EV車)とは

電気自動車(EV車)とは
電気自動車とは、車に搭載されたバッテリーから電動モーターに電気を流し、モーターが回転する力を利用して走行する自動車のことです。

国内では、2010年に初めて電気自動車が消費者向けに発売されましたが、現在でも高性能バッテリーの開発の普及が急速に進んでいる状況です。

従来はガソリンを燃やすことで駆動エネルギーに変換する、ガソリン車が主流となっていました。

現在は地球温暖化を防止する対策案として電気自動車の普及が進み、今後急速に普及すると言われています。

電気自動車の選び方

電気自動車の選び方
電気自動車はガソリンを燃料にせずに、電気を利用して走る車のことです。

電気自動車の選び方のポイントは3つあります。

電気自動車の選び方3選
  • カーライフに合わせた電気自動車を見極めること
  • 充電方法の確認
  • 「定格出力」と「交流電力消費率」はどうなのか?

電気自動車の選び方について、詳しくみていきましょう。

カーライフに合わせた電気自動車を見極めること

電気自動車を選ぶ際には、日常生活において「どのように車を使用するのか」を考える必要があります。

また、カーライフに合わせた電気自動車選びも重要なポイントです。

電気自動車を日常使いや週末のドライブなどに使用したい場合、電気自動車のバッテリー容量は60kw以上かつ充電走行距離は400km以上が望ましいでしょう。

そのため、バッテリー容量が少ない軽自動車の電気自動車では、週末のドライブに使用するには無理があります。

なお、複数台車を所有しており、買い物や子供の送り迎えだけに電気自動車を使う場合には、軽の電気自動車でも十分でしょう。

車の使用目的に合わせた車選びは、電気自動車を購入する際に欠かせないポイントです。

充電方法の確認

電気自動車を選ぶ際には、充電方法の確認も行いましょう。

特に集合住宅などに住んでいる方や月極駐車場を借りている方は、車の充電をどのように確保するのか確認する必要があります。

購入する車が「家充電タイプ」なのか、もしくは「外充電タイプ」なのかを確認してから、購入するように意識しましょう。

「定格出力」と「交流電力消費率」はどうなのか?

定格出力と交流電力消費率も、電気自動車を選ぶ際に重要なポイントです。

定格出力とは、車を駆動させる際の電気を最後まで出せるパワーのことを意味します。

一歩で交流電力消費率とは、1km走行するために必要な電力のことであり、交流電力書率が低いほど、電費が良い車と言えるでしょう。

電気自動車を選ぶ際には、「定格出力」と「交流電力消費率」を確認しつつ、自分が希望する車を選ぶことをおすすめします。

【2024年最新】電気自動車おすすめランキング

電気自動車のおすすめランキング
2024年最新版の電気自動車おすすめランキングを、ベスト1位〜10位までご紹介します。

電気自動車おすすめランキング
電気自動車の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

1位:日産 アリア

日産 アリア

引用元:日産:日産アリア [ ARIYA ] SUV

アリアのスペック表
メーカー日産
発売日2022年8月23日
駆動方式2WD
燃料電気
排気量
乗車人数5名
交流電力量消費率166Wh/km
全長4,565mm
全幅1,850m
全高1,655mm
車両重量1,920kg
前輪サイズ235/55R19/101V
後輪サイズ
日産・アリアの評価
  • 燃費:[4点]
  • 価格:[4.5点]
  • 人気:[4点]
  • スタイリッシュな外観デザイン
  • 一充電走行距離は脅威の470km
  • 冷暖房システムも搭載で車内がより快適に

日産の販売するアリアは、スタイリッシュな外観フォルムを持つ本格クロスオーバーSUVタイプの電気自動車です。

高品質かつ高性能のモーターを採用しており、一充電走行距離は脅威の470kmを実現させたEV車

ほかにも効率性に追及した冷暖房システムを採用するなど、走行性能に加えて室内空間の快適性も満足できる1台になるでしょう。

電気自動車の中で最もおすすめするEV車です。

2位:日産 サクラ

日産 サクラ

引用元:日産:サクラ [ SAKURA ]

サクラのスペック表
メーカー日産
発売日2022年6月16日
駆動方式2WD
燃料電気
排気量
乗車人数4名
交流電力量消費率124Wh/km
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,655mm
車両重量1,070kg
前輪サイズ155/65R14 755
後輪サイズ
日産 サクラの評価
  • 燃費:[5点]
  • 価格:[4.5点]
  • 人気:[4点]
  • 軽電気自動車として大人気の車種
  • 高性能モーターと加速性能の良さを実現させた車
  • 航続可能距離は最大180kmまで可能

サクラは、日産が軽EVという新たな市場を作り出すきっかけになったEV車です。

最大195Nmのトルクを発揮する高性能モーターと、EV車らしい滑らかなかつ加速性能の良さを実現させた軽自動だと言えるでしょう。

軽自動車でありながら、満充電時には最大180kmもの航続走行が可能になるなど、街乗りで車を使う方にとっては十分すぎるEV車と言っても過言ではありません。

また、軽自動車としては最高水準の静粛性を備えるEV車でもあります。

3位:日産 リーフe+

日産 リーフ

引用元:日産|リーフ

リーフのスペック表
メーカー日産
発売日2022年4月19日
駆動方式2WD
燃料電気
排気量
乗車人数5名
交流電力量消費率161Wh/km
全長4,480mm
全幅1,790mm
全高1,565mm
車両重量1,680kg
前輪サイズ205/55R16 91V
後輪サイズ
日産・リーフの評価
  • 燃費:[4点]
  • 価格:[4点]
  • 人気:[5点]
  • 大容量バッテリー搭載車
  • 航続可能距離はWLTCモードで458km
  • 街乗りと遠出どちらも使用可能

国産電気自動車の中でも安定的な人気を記録する日産のリーフe+は、大容量バッテリーを搭載するEV車です。

大容量バッテリーは62kWhという圧倒的な数値を記録しており、一充電走行距離はWLTCモードで458kmとガソリン車とほぼ変わらない数値を実現させています。

街乗りだけでなく、遠出で電気自動車を使用したい方におすすめするEV車です。

目的地によっては、充電することなく自宅まで戻ってこられるでしょう。

4位:プジョー e-208

プジョー e-208

引用元:PEUGEOT 208/e-208 | プジョー公式サイト

208eのスペック表
メーカープジョー
発売日2020年7月2日
駆動方式2WD
燃料電気
排気量
乗車人数5名
交流電力量消費率144Wh/km
全長4,095mm
全幅1,745mm
全高1,465mm
車両重量1,500kg
前輪サイズ205/45 R17
後輪サイズ
プジョー・e-208の評価
  • 燃費:[4点]
  • 価格:[3点]
  • 人気:[4点]
  • コンパクトハッチバックモデルとして大人気の電気自動車
  • 航続可能距離はWLTCモードで403kmまで可能
  • バッリー保証もあり、万が一の故障でも安心安全

コンパクトハッチバックモデルとして発売されているe-208は、プジョーの中でも高い人気を誇る電気自動車です。

50kWhの大容量バッテリーを搭載することで、JC08モード上で403kmという航続可能距離を実現させています。

さらに、プジョーならではの8年16万kmという「バッテリー保証」もあり、万が一のバッテリー不具合時にも安心できる保証体制を整えています。

ロングドライブや、車の保証面を重視したい方におすすめする電気自動車です。

5位:マツダ MX-30EV

マツダ MX-30EV

引用元:MAZDA MX-30 EV MODEL|マツダ

MX-30EVのスペック表
メーカーマツダ
発売日2020年10月8日
駆動方式2WD
燃料電気
排気量
乗車人数5名
交流電力量消費率145Wh/km
全長4,395mm
全幅1,795mm
全高1,565mm
車両重量1,650kg
前輪サイズ215/55 R18
後輪サイズ
マツダ・MX-30EVの評価
  • 燃費:[4点]
  • 価格:[4点]
  • 人気:[4点]
  • マツダ車の中で唯一の電気自動車SUV
  • センターオープン式ドアをマツダ車初の採用
  • 安全性能装置も充実して安心

マツダが販売するMX-30EVは、マツダ車の中で唯一のSUV電気自動車です。

マツダ車の中で初めて、ほぼ直角まで開閉する大開度のセンターオープン式ドアを採用した点が特徴です。

航続可能距離だけでなく、車の使いやすさにも重視したEV車になります。

他にも安全性能装置である「スマートブレーキサポート」や、「危険ステアリングアシスト」などを搭載しているなど、万が一の事故に備えた安全装備も充実しています。

電気自動車の利便性と、安全性能や車の使いやすさにこだわりたい方におすすめする1台です。

6位:三菱 eKクロス EV

三菱 ekクロス EV

引用元:eKクロス EV|三菱自動車

eKクロスEVのスペック表
メーカー三菱
発売日2022年6月16日
駆動方式2WD
燃料電気
排気量
乗車人数4名
交流電力量消費率124Wh/km
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,655mm
車両重量1,080kg
前輪サイズ165/ 55R15
後輪サイズ
三菱 ekクロスの評価
  • 燃費:[5点]
  • 価格:[4.5点]
  • 人気:[4点]
  • 三菱デリカをイメージさせるような外観デザイン
  • 日産サクラとは兄弟車
  • 外観デザインは存在感と力強さの両者を兼ね備えている

ekクロスEVは、日産と三菱の合弁会社であるNMKYが企画・開発した電気自動車。

日産のサクラと、実質的な兄弟車とも言えるEV車です。

基本的な車両スペックは日産サクラと同じですが、外観デザインが三菱のデリカのような迫力があります。

他にも15インチアルミホイールや充電ケーブルが標準装備されているなど、内外装も満足できる車です。

電気自動車に三菱のデリカのような、迫力感のあるデザインを求めたい方におすすめするEV車です。

7位:ホンダ Honda e

ホンダ Honda e

引用元:ホンダ イー|Honda公式サイト

Honda eのスペック表
メーカーホンダ
発売日2020年10月30日
駆動方式2WD
燃料電気
排気量
乗車人数4名
交流電力量消費率135Wh/km
全長3,895mm
全幅 1,750mm
全高1,510mm
車両重量1,540kg
前輪サイズ205/ 45ZR17 88Y
後輪サイズ
ホンダ Honda eの評価
  • 燃費:[5点]
  • 価格:[3点]
  • 人気:[3点]
  • ホンダ車の中で初となる電気自動車
  • 丸みを帯びたデザインが特徴的
  • 走行モードの切り替えが可能

Honda eは、ホンダ車の中で唯一の電気自動車として発売されている車です。

丸みを帯びたコンパクトかつプレーンなデザインが特徴的であり、親しみやすさを全面的にアピールした電気自動車でもあります。

走行モードは、SPOTSモードに加えてNORMALモードなどに切り替えが可能なため、走行状態に合わせた運転が可能です。

また、ホンダが独自開発する「Honda SENSING」も標準装備されており、安心安全に運転を行うことができるでしょう。

8位:メルセデスベンツ EQS

メルセデスベンツ EQS

引用元:EQS | 株式会社ヤナセ

EQSのスペック表
メーカーメルセデス・ベンツ
発売日2022年9月29日
駆動方式2WD
燃料電気
排気量
乗車人数5名
交流電力量消費率182Wh/km
全長5,225mm
全幅 1,925mm
全高1,520mm
車両重量2,530kg
前輪サイズ265/ 40R21
後輪サイズ
メルセデスベンツ EQSの評価
  • 燃費:[4点]
  • 価格:[4点]
  • 人気:[4点]
  • ベンツの中では最高級モデルの電気自動車
  • 次世代のフラッグシップカーとして大注目の1台
  • WLTCモード上での航続可能距離は700km

BEVブランドに該当するEQは、メルセデスベンツの中でも最高級モデルとしてラインナップされている電気自動車です。

プレミアムカーを中心に開発・発売されてきたベンツの中でも、次世代のフラッグシップカーとして注目を集めているEV車だと言えます。

パワートレインは、最高出力333psと高出力でありながらも、WLTCモード上での航続可能距離は700kmとロングドライブのお供としても使用できる車です。

ベンツブランドという、高級ブランドの電気自動車を購入したい方にはおすすめできる1台です。

9位:三菱 i-MiEV

三菱 i-MiEV

引用元:MINICAB-MiEV | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

i-MiEVのスペック表
メーカー三菱
発売日2010年4月1日
駆動方式2WD
燃料電気
排気量
乗車人数4名
交流電力量消費率
全長3,480mm
全幅1,475mm
全高1,610mm
車両重量1,100kg
前輪サイズ145/65R15
後輪サイズ175/55R15
三菱 I-MiEVの評価
  • 燃費:[5点]
  • 価格:[3点]
  • 人気:[3点]
  • 電気自動車の先駆車と呼ばれるコンパクトカー
  • 親しみやすいEV車として人気
  • 中古車としてもお手頃な金額帯

三菱が販売するiMiEVは、電気自動車の先駆車として2009年に発売を開始したコンパクトカーです。

ボディサイズがコンパクトなこともあり、親しみやすいEV車として高い人気があります。

2021年3月をもって生産終了となりましたが、中古車としてお手頃の価格で購入できる車でもあります。

セカンドカーとして電気自動車を購入したい方におすすめのEV車です。

10位 ポルシェ Taycan

ポルシェ Taycan

引用元:Porsche Taycan – ポルシェジャパン

Taycanのスペック表
メーカーポルシェ
発売日2020年6月5日
駆動方式2WD
燃料電気
排気量
乗車人数5名
交流電力量消費率245Wh/km
全長4,965mm
全幅 1,965mm
全高1,395mm
車両重量2,795kg
前輪サイズ225/55R19
後輪サイズ275/46R19
ポルシェ Taycanの評価
  • 燃費:[3点]
  • 価格:[4点]
  • 人気:[4点]
  • ポルシェ初となる電気自動車
  • 800Vの高性能バッテリー搭載車
  • 10分の充電だけで約100km程度の航続可能距離が実現

taycanは、高級自動車メーカーであるポルシェで初めて開発された電気自動車です。

800Vの高性能バッテリーを搭載していることにより、10分ほどの充電でも約100km程度の航続可能距離が実現できます。

外観は滑らかかつ美しいデザインであり、内装は無駄を一切無くしたデザインと装備が特徴的です。

高級モデル車を多数ラインナップしている、ポルシェの電気自動車を購入したい方におすすめするEV車です。

電気自動車を購入するメリット

電気自動車を購入するメリットは3つあります。

電気自動車を購入するメリット
  • 車を購入する場合の補助金制度を活用できる
  • 滑らかで高級感のある走行を実現できる
  • 車の維持費を抑えられる

それぞれ詳しくみていきましょう。

車を購入する場合の補助金制度を活用できる

電気自動車の購入費用は、ガソリン車やハイブリッド車に比べて割高になっています。

しかし、電気自動車を購入する場合は、国や自治体から補助金や自動車税の免税措置を受けられるため、お得な制度を活用できるメリットがあります。

CEV補助金を活用することで40万円〜80万円程度の補助が適用されるため、車両価格が高額な場合でもコスト面を最小限に抑えられるでしょう。

滑らかで高級感のある走行を実現できる

電気自動車はモーターを駆動させて車の走行エネルギーを作るため、ガソリン車のような振動や騒音がないことがメリットです。

さらに加速性能も滑らかであり、スムーズで快適な走行性能を実現しています。

そのため、車内が静かで運転に集中できる点や、高速道路走行時でもスムーズに加速性能を利用できる点などは電気自動車にしかない魅力です。

車の維持費を抑えられる

電気自動車はガソリン車のようにガソリンを給油する必要やエンジンオイル、オイルエレメントを交換する必要がありません。

そのため、車を所有する際のランニングコストを最小限に抑えられるメリットも期待できます。

また、自動車保険についてもエコカー割引が適用されるなど、多くの優遇処置が電気自動車を所有する方をサポートしてくれます。

電気自動車を購入するデメリット

電気自動車を購入する際にはメリットもあれば、デメリットもあります。

電気自動車を購入するデメリット
  • 満充電に多くの時間が必要になる
  • 車両本体価格が高めに設定されている
  • 航続可能距離が短い車が多い

満充電に多くの時間が必要になる

電気自動車は満充電の状態になるまでに多くの時間が必要になります。

具体的には、家庭用普通充電で約8時間、急速充電で30分〜1時間ほどの時間がかかります。

そのため、すぐに車を満充電にしたい方にはおすすめできません。

高速道路を走行している場合には、現段階では少し不安が残るものとも言えるでしょう。

車両本体価格が高めに設定されている

電気自動車はリチウムイオンを搭載している車が多いことから、ガソリン車やハイブリッド車と比較して、車両本体価格が高めに設定されているというデメリットがあります。

新車でも200万円までは手が出せる人でも、電気自動車の場合には300万円以上の購入費用が必要になる可能性があります。

ランニングコストと購入コストのどちらを優先するかによって、電気自動車を購入するのかガソリン車・ハイブリッド車を購入するのかが決まってくるでしょう。

航続可能距離が短い車が多い

電気自動車は今後もバッテリー性能が高まり続けるでしょう。

しかし、現段階のバッテリー性能での航続可能距離は200km以下の条件車が多いなど、走行可能距離には不満を抱える声もいくつか挙げられています。

航続可能距離が短ければ、遠出はできずに街乗りのみでしか車を使用できません。

そのため、利用者にとっては不便に感じる方もいます。

電気自動車を購入する際の注意点

電気自動車を購入する場合には、電気スタンドや充電スポットなどのインフラ面にも注意する必要があります。

せっかく電気自動車を購入しても、自宅の近くに電気スタンドなどの充電スポットがなければ不便に感じてしまいます。

また、自宅に充電装置がないと不便に感じる方もいらっしゃるでしょう。

電気自動車の購入を検討する場合には、事前に自宅に充電装置を設置するなどの対策を行う必要があります。

電気自動車の購入だけに意識がいくと、購入後に後悔してしまう可能性も。

電気自動車の購入を進めつつ、電気スタンドや家庭用充電などのインフラ整備も確認していきましょう。

まとめ:電気自動車の検討はじっくり考えるべし!

2023年最新のおすすめ電気自動車や選び方、電気自動車のメリットとデメリットについてご紹介しました。

車両価格が高い傾向がありますが、電気自動車はランニングコストを考慮して購入を検討するのも良い選択肢の1つでしょう。

また、電気自動車を購入する場合にはお得な優遇処置や制度を活用できます。

電気自動車が普及している今だからこそ、EV車を検討するタイミングなのではないでしょうか。

この記事の内容を参考にして、自分にとって最適な電気自動車を選んでみましょう。
   MAXXISからPR!!激安タイヤ・ホイール買うなら流通王! 流通王のロゴ
  • 新品タイヤ続々入荷中!
  • 店舗レビュー4.76点の高評価
  • 15時までの注文で即日発送!
目次