【2024年最新】キャンプ・アウトドア向けの車おすすめ10選

キャンプ・アウトドア向けの車おすすめ10選

この記事では、おすすめ車の中でもキャンプ・アウトドアに向いている車種を紹介します。

昨今、キャンプブームが到来しています。

JTBF旅行意識調査によると、平日にキャンプをする割合は45.3%と半数近くにのぼり、年々増加傾向にあります。

いくら内外装に魅力がある車であっても、キャンプ・アウトドア車の選び方を理解していなければ自分にとって最適な車を選べません。

記事で紹介する内容は以下の通りです。

キャンプ・アウトドア向けおすすめ車種と選び方
  • キャンプ・アウトドア車のベストな選び方
  • キャンプとアウトドアにおすすめの10車種
  • キャンプ用品の積み方のコツとおすすめ収納グッズ
この記事ではキャンプ・アウトドア車の選び方とおすすめ車種が何なのか紹介します。
車好きのためのブランド『シカクイクルマ』
スクロールできます
ナイロンジェットキャップ
シカクイクルマTシャツ(ホワイト)
シカクイクルマTシャツ(ブラック)
ハイリフトTシャツ
海辺で休憩Tシャツ
カレッジプリントスウェット(グレー)
ボアフリースジャケット

クルマ関連のアパレルは無骨なデザインが多いという声を聞き、以下のような点にこだわりました。

  • 男女どちらでも着られるデザイン
  • 街に着ても着られるデザイン
  • さりげなくクルマ好きをアピール

¥15,000以上の注文で送料無料!

目次

キャンプ・アウトドア車の選び方

キャンプ・アウトドア車の選び方
キャンプ・アウトドア車の選び方は以下3つです。

キャンプ・アウトドア車の選び方
  • 走破性
  • シートアレンジ
  • 積載量と乗車人数

選び方1:走破性

キャンプ・アウトドア車の選び方1つ目は「走破性」です。

キャンプに出かける際には山道や林道などの悪路を走行する機会が必然と多くなります。

そのため走破性能が高い車を選ぶことで、悪路でも快適な運転が実現できるでしょう。

特に4WD(四輪駆動)の車なら、雪道でも力強い走りが追求できます。

悪路に強い車を選ぶ場合は「SUV」か「ミニバン」などの比較的車体サイズが大きい車がおすすめです。

選び方2:シートアレンジ

キャンプ・アウトドア車の選び方3つ目は「シートアレンジ」です。

後部座席や助手席のシートを自由に調整できる車もあります。

2列目と3列目のシートアレンジが豊富であれば、車内への乗り降りや荷物の積み下ろし時にも室内スペースを効率良く使えるでしょう。

シートがフルフラット化するかも確認すべきポイントです。

特にキャンプで使用する際には「車中泊が可能なのか」も重要なポイントになります。

シートを倒しても凹凸がある場合には寝づらく感じてしまいます。

なるべくフルフラットに近い車を選ぶことも大切なポイントです。

選び方3:積載量と乗車可能人数

キャンプ・アウトドア車の選び方4つ目は「積載量と乗車可能人数」です。

キャンプやアウトドアに使用する車はより多くの荷物を乗せられる積載性能と乗車可能人数が大切です。

キャンプやアウトドアに出かけるとどうしても荷物が多くなりやすいです。

車やグレードによって積載性能と乗車可能人数が異なります。

もし複数人で出かける機会が多い方は、積載能力に優れているかつ乗車可能人数が多い車を選びましょう。

【2023年最新】キャンプ・アウトドア向けの車おすすめ10選

キャンプ・アウトドア向けの車おすすめ10選
2023年最新版のおすすめキャンプ・アウトドア向け車種を10車紹介します。

キャンプ・アウトドア向けの車おすすめ10選
  • トヨタ:ランドクルーザー プラド
  • 三菱:アウトランダーPHEV
  • 日産:エクストレイル
  • ジープ:ラングラー
  • 三菱:デリカD5
  • 日産:セレナ
  • トヨタ:ハイエース
  • トヨタ:ハイラックス
  • スズキ:ジムニー
  • ホンダ:N-VAN

それぞれの車種を詳しく解説します。

トヨタ:ランドクルーザー プラド

トヨタ ランドクルーザープラド

引用元:トヨタ ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラドのスペック表
メーカートヨタ
発売日2022年8月1日
駆動方式4WD
燃料レギュラー
排気量2,700cc~
乗車定員5名
燃費8.3km/L~
全長4,825mm
全幅1.885mm
全高1,835mm~
車両重量2,050kg~
前輪サイズ265/55R19
後輪サイズ265/55R19
メリット
  • 走破性・高級感・快適性の3拍子が揃う車
  • トヨタ車の中でも大人気SUV
  • 買取時に高額査定が期待できる
デメリット
  • 車両価格が高い
  • ボディサイズが大きい
  • 納期がかかる

トヨタの中でも大人気SUVとして人気の高い「ランドクルーザー プラド」は「走破性」「高級感」「快適性」の3拍子を揃えた車です。

ラダーフレーム構造の耐久性が高く、雪道や山道などのオフロード時でも安定的な走行を維持します。

新車の場合、納期が長期化されておりすぐに手に入らない可能性が考えられます。

三菱:アウトランダーPHEV

三菱 アウトランダーPHEV

引用元:アウトランダー – 三菱自動車

アウトランダーPHEVのスペック表
メーカー三菱
発売日2021年12月16日
駆動方式4WD
燃料レギュラー
排気量2,359cc
乗車定員5名
7名
燃費16.2km/L~
全長4,710mm
全幅1,860mm
全高1740~1745mm
車両重量2,010kg~
前輪サイズ235/60R18
255/45R20
後輪サイズ
メリット
  • プラグインハイブリッドを採用しているSUV
  • EV航続可能距離は脅威の80km以上
  • 出力1500Wの100V電源も搭載
デメリット
  • 車両価格が高い
  • ボディサイズが大きく小回りは効きにくい
  • 雪道走行に弱い

三菱 アウトランダーPHEVは「プラグインハイブリッドシステム」を搭載したSUVです。

モーターの充電が少ない場合にはシリーズハイブリッド走行、加速時にはパラレルハイブリッド走行に切り替えできる特徴があります。

大容量バッテリーも搭載されており、80km以上の走行時でもEV走行ができます。

デメリットとしては、ボディサイズが大きく小回りが効きにくいことです。

日産:エクストレイル

日産 エクストレイル

引用元:日産:エクストレイル [ X-TRAIL ]

エクストレイルのスペック表
メーカー日産
発売日2022年7月25日
駆動方式FF
4WD
燃料レギュラー
排気量1,997cc
乗車定員5名
燃費18.3km/L~
全長4,660mm
全幅1,840mm
全高1,720mm
車両重量1,740kg~
前輪サイズ235/60R18 103H~
後輪サイズ235/60R18 103H~
メリット
  • 先進安全技術プロパイロット機能を搭載
  • 走破性に優れている
  • 後部座席の足元にスペースがある
デメリット
  • シートの素材に差がある
  • エアバック機能がオプション選択になる
  • モーター走行に癖がある

日産 エクストレイルは、日産の独自先進安全性能「プロパイロット機能」が搭載された車です。

プロパイロット機能は、高速道路や渋滞走行時でも運転手のサポートしてくれる快適装備です。

後部座席のシートの足元にも余裕があり、大人が乗車してもゆったりとした室内空間を確保できます。

デメリットとしては、グレードによってシート素材に差がある点です。

エアバック機能もオプション選択のため購入する際には注意しましょう。

ジープ:ラングラー

ジープ ラングラー

引用元:Wrangler(ラングラー)|Jeep®

ジープラングラーのスペック表
メーカージープ
発売日2018年10月25日
駆動方式2WD、4WD
燃料ガソリン
排気量1995cc
乗車定員5名
燃費10.1km/L〜
全長4,870mm
全幅1,895mm
全高1,845mm〜1,855mm
車両重量1,960kg〜2,030kg
前輪サイズ225/70R18
後輪サイズ
メリット
  • 走破性に優れている
  • オフロードやアウトドアに最適
  • レトロかつ力強い印象の外観デザイン
デメリット
  • 車両価格が高い
  • 燃費が悪い
  • 故障すると高額になりやすい

ジープ ラングラーは輸入車SUVの中でもアウトドアやキャンプに最適な車です。

「どこへでも行ける、何でもできる」という開発コンセプトの元、高い走破性と耐久性を兼ね備えるSUVになります。

外観デザインが少しレトロな印象も残しつつ、丸型ヘッドライトや7スロットグリルなどおしゃれなデザイン性能も魅力的です。

デメリットはハイブリッドモデルではないため、燃費が悪く車の維持費が高くなりやすい点です。

三菱:デリカD5

三菱 デリカD:5

引用元:デリカD:5 – 三菱自動車

デリカD:5のスペック表
メーカー三菱
発売日2020年12月10日
駆動方式4WD
燃料軽油
排気量1,490cc
乗車定員7名
8名
燃費12.6km/L~
全長4,800mm
全幅1,795mm
全高1,875mm
車両重量1,930kg~
前輪サイズ215/70R16
225/55R18
後輪サイズ
メリット
  • SUVとミニバンを兼ね備えている
  • 様々な使用目的にも最適
  • 3列シート仕様で最大8人まで乗車可能
デメリット
  • 車高が高く乗り降りしにくい
  • 燃費が良くない
  • 車の維持費が高くなる

三菱 デリカD5はSUVとミニバンの魅力を1つにまとめた車です。

キャンプや家族で出かけるアウトドア時など、様々な使用目的に最適な1台となります。

3列シート仕様で最大8人まで乗車可能です。

デメリットは「車高が高く乗り降りしにくい」「燃費性能に優れていない」ことが挙げられます。

日産:セレナ

日産 セレナ

引用元:日産:セレナ [ SERENA ]

セレナのスペック表
メーカー日産
発売日2022年12月22日
駆動方式FF
4WD
燃料レギュラー
排気量1,400cc~
乗車定員7名~
燃費9.5km/L~
全長4,770mm
全幅1,740mm
全高1,865mm
車両重量1,610kg~
前輪サイズ205/65R16~
後輪サイズ205/65R16~
メリット
  • シートアレンジが豊富で車中泊にもおすすめ
  • 圧倒的な室内空間の広さ
  • 全方位運転支援システムも全グレード標準装備
デメリット
  • 車両価格が高い
  • デザインに好き嫌いが分かれやすい
  • 1人で出かける車には向かない

日産 セレナはシートアレンジが豊富で圧倒的な室内空間を実現している車です。

2017年には「カーオブザイヤー」を受賞しており評価の高い車です。

アウトドアやキャンプ時だけでなくミニバンとしての使い方もできます。

高い安全性能と「全方位運転支援システム」を全グレード標準装備されている点も魅了的なポイントです。

デメリットはミニバンサイズということもあり、車両価格が高めに設定されています。

外観デザインも好き嫌いが分かれやすい点も考えられるでしょう。

トヨタ:ハイエース

トヨタ ハイエース

引用元:トヨタ ハイエース バン

ハイエースのスペック表
メーカートヨタ
発売日1999年7月5日
駆動方式4WD
燃料レギュラー、軽油
排気量2693cc〜
乗車定員3人〜9人
燃費9.2km/L〜
全長4,695mm
全幅1,695mm
全高1,980mm
車両重量1660kg〜
前輪サイズ195/80R15
後輪サイズ
メリット
  • 圧倒的な積載性能の高さ
  • カスタムアレンジも豊富
  • 買取金額も期待できる
デメリット
  • 運転席と助手席に乗車しにくい
  • 燃費が悪い
  • 1人乗り車としては大きいと感じる

トヨタのハイエースはアウトドアやキャンプに使う車として高い人気があります。

車のカスタマイズ部品も豊富に用意しており、車中泊や家族で出かける車として、より快適な車内にアレンジも可能です。

商用型バンということもあり積載性能が高くテントやテーブル、チェア用品も気軽に載せられます。

デメリットは「車内への乗り降りがしにくい」こと「燃費が悪い」が挙げられます。

トヨタ:ハイラックス

トヨタ ハイラックス

引用元:トヨタ ハイラックス

ハイラックスのスペック表
メーカートヨタ
発売日2019年9月12日
駆動方式4WD
燃料軽油
排気量2693cc
乗車定員5人
燃費10.1km/L〜
全長5,340mm
全幅1,855mm
全高1,800mm
車両重量2875kg〜
前輪サイズ265/65R17
後輪サイズ
メリット
  • 最大500kgの荷物を積載可能
  • 錆や腐食に強いボディ構造
  • 走破性も高い
デメリット
  • 納期がかかる
  • 車両価格が高い
  • 乗車人数が限られる

トヨタのハイラックスは全長5,000mmを超える大型車です。

大きなボディサイズを活かし荷台には、最大500kgの荷物を積載可能です。

ボディ構造や防錆鋼板を使用しており、雨や風にも強いフレームを採用しています。

外観デザインは「アグレッシブさ」と「高級感」を兼ね備えているため、アウトドアに使用する車として最適な1台でしょう。

デメリットは「車両価格が高い」こと「納車されるまでに時間が必要」な点です。

スズキ:ジムニー

スズキ ジムニー

引用元:ジムニー 価格・グレード|スズキ

ジムニーのスペック表
メーカースズキ
発売日2018年7月5日
駆動方式2WD、4WD
燃料ガソリン
排気量660cc
乗車定員4名
燃費14.3km/L
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,725mm
車両重量1,040kg〜1,050kg
前輪サイズ175/80R16
後輪サイズ
メリット
  • 走破性と耐久性に優れている
  • 軽SUVとして大人気の車
  • キャンプやアウトドアにもピッタリ
デメリット
  • 納期がかかる
  • 車体サイズが小さい
  • シートが少し硬め

スズキ ジムニーは軽自動車SUVとして大人気の車です。

高い耐久性と走破性を備えており悪路や雪道でも力強い運転が実現できます。

大人数ではなくソロキャンプに最適な車でしょう。

デメリットは「納期がかかる」こと「車体サイズが小さい」点が挙げられます。

ホンダ:N-VAN

ホンダ N-VAN

引用元:N-VAN|Honda公式サイト

N-VANのスペック表
メーカーホンダ
発売日2018年7月13日
駆動方式2WD、4WD
燃料ガソリン
排気量660cc
乗車定員4名
燃費17.4km/L〜
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,945mm
車両重量950kg〜
前輪サイズ145/80R12
後輪サイズ
メリット
  • 助手席までフルフラット化が可能
  • 荷物が積載しやすい
  • キャンプ向けの車として最適なデザイン性能
デメリット
  • 積載量に限界がある
  • 商用モデルのため走行性能は良くない
  • 電動スライドドアではない

N-VANはホンダが開発・発売する商用型の軽自動車です。

商用車や趣味の車など幅広い使用目的に最適な特徴があります。

助手席側のセンターピラーがないため、荷物の積み下ろしがしやすい魅力も考えられるでしょう。

後部座席だけでなく助手席のシートもフルフラットにできます。

デメリットは軽自動車サイズなため、積載量には限界がある点です。

後部座席のドアは電動スライド式ではありません。

キャンプ車におすすめの収納グッズ

キャンプ車におすすめの収納グッズを3つ紹介します。

キャンプ車におすすめの収納グッズ
  • Oasser 車用収納ボックス トランクボックス
  • lisade天井ネットブラック
  • XiAnshiyun 多機能収納ボックス

Oasser 車用収納ボックス トランクボックス

キャンプ車におすすめする1つ目のグッズは「Oasser 車用収納ボックス トランクボックス」です。

撥水性や耐摩耗性が高いオックスフォード防水素材を採用しており水にも強い収納アイテムです。

マジックテープ式でキャンプ地への移動時でもしっかりと荷物を固定できます。

アルミメッキ取っ手付きで荷物の持ち運びも便利です。

lisade 天井ネットブラック

キャンプ車におすすめする2つ目のグッズは「lisade天井ネットブラック」です。

車内の天井に荷物を収納できるアイテムとして高い人気がある2層メッシュタイプのラケッジネットになります。

荷物の量に合わせてネットを調整できるロープ付きで揺れる車内でも荷物を固定してくれます。

車内ですぐに取り出す物や衣類を収納しておくのも良いでしょう。

XiAnshiyun 多機能収納ボックス

キャンプ車におすすめする3つ目のグッズは「XiAnshiyun 多機能収納ボックス」です。

ボックスを折り畳める置き型タイプのグッズであり、車内が揺れても収納ボックスから荷物がこぼれる心配はありません。

移動時の持ち運びにも便利な手付きかつコンパクトなサイズ感であるため、トランクや座席下にも設置できます。

折り畳み式の収納ボックスを希望している方はぜひ参考にしてみてください。

キャンプ用品の積み方のコツ

キャンプ用品には上手に積むコツがあります。

以下はキャンプ用品を上手に積載できる3つのポイントです。

キャンプ用品の積み方のコツ
  • 荷室スペースの特徴に合わせて積み方を工夫する
  • キッチン用品は折り畳みコンテナに収納する
  • クーラー類は取りやすい位置に置く

荷室スペースの特徴に合わせて積み方を工夫する

キャンプ用品の積み方のコツ1つ目は「荷物スペースの有効活用」です。

キャンプやアウトドア用の荷物は多くなりやすい傾向があります。

車の収納スペースには限界があります。

室内スペースを有効活用することでデッドスペースを限りなくし、より多くの荷物を積載できるでしょう。

ホイールハウスの出っ張り部や後部座席裏の傾斜部分を埋めて四角空間を作ってみましょう。

キッチン用品は折り畳みコンテナに収納する

キャンプ用品の積み方のコツ2つ目は「折りたたみ式収納アイテムの活用」です。

キャンプやアウトドアで使う小物を整理するだけでも、収納スペースはより広くなります。

忘れ物防止効果も期待できるため、使用して損はありません。

キャンプで使用したキッチン用品や衣服などをひとまとまりに収納すれば、そのまま自宅の洗い場に持っていけます。

クーラー類は取りやすい位置に置く

クーラーボックスはキャンプやアウトドア時にも使用頻度が高い収納アイテムです。

出かける際の行き先の途中や水分補給時にもすぐに対応できる位置に保管することが重要です。

クーラ類は車の収納スペースの中でも大部分を占めやすいアイテムになります。

そのため、設置場所を考慮すると良いでしょう。

おすすめとしてはトランクやドアを開いた際、すぐに取り出せる位置への設置です。

クーラー類の上に荷物を積まないことで、荷物を移動する手間も省けます。

キャンプ車でよくある質問

キャンプ車でよくある質問をまとめてみました。

キャンプ車でよくある質問
  • おしゃれなキャンプ車は?
  • 4人家族におすすめのキャンプ車は?
  • SUVでおすすめのキャンプ車は?
  • トヨタでおすすめのキャンプ車は?
  • 価格が安いおすすめキャンプ車は?
  • レトロなアウトドア車は?

おしゃれなキャンプ車は?

ホンダ N-VAN

引用元:N-VAN|Honda公式サイト

N-VANのスペック表
メーカーホンダ
発売日2018年7月13日
駆動方式2WD、4WD
燃料ガソリン
排気量660cc
乗車定員4名
燃費17.4km/L〜
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,945mm
車両重量950kg〜
前輪サイズ145/80R12
後輪サイズ

おしゃれなキャンプ車としておすすめする車種は「N-VAN」です。

商用型軽バンでありながらも、高い積載性とおしゃれな外観デザインに魅力があります。

購入価格もお手頃であり手が出しやすい価格帯です。

4人家族におすすめのキャンプ車は?

日産 セレナ

引用元:日産:セレナ [ SERENA ]

セレナのスペック表
メーカー日産
発売日2022年12月22日
駆動方式FF
4WD
燃料レギュラー
排気量1,400cc~
乗車定員7名~
燃費9.5km/L~
全長4,770mm
全幅1,740mm
全高1,865mm
車両重量1,610kg~
前輪サイズ205/65R16~
後輪サイズ205/65R16~

4人家族におすすめのキャンプ車は「日産 セレナ」です。

セレナは家族で出かけるミニバンのような使い方とアウトドアやキャンプ時にも便利な車として魅力があります。

室内空間はミニバンサイズの中でもトップクラスであり、車内で快適な時間を過ごせます。

SUVでおすすめのキャンプ車は?

トヨタ ランドクルーザープラド

引用元:トヨタ ランドクルーザー プラド

ランドクルーザープラドのスペック表
メーカートヨタ
発売日2022年8月1日
駆動方式4WD
燃料レギュラー
排気量2,700cc~
乗車定員5名
燃費8.3km/L~
全長4,825mm
全幅1.885mm
全高1,835mm~
車両重量2,050kg~
前輪サイズ265/55R19
後輪サイズ265/55R19

SUVでおすすめするキャンプ車は「トヨタ ランドクルーザー プラド」です。

ランドクルーザー プラドはSUVの中でもトップクラスに人気が高い車として需要とニーズがあります。

走破性や耐久性にも優れており、雪道や山道でも安定した走りを追求できるでしょう。

トヨタでおすすめのキャンプ車は?

トヨタ ハイラックス

引用元:トヨタ ハイラックス

ハイラックスのスペック表
メーカートヨタ
発売日2019年9月12日
駆動方式4WD
燃料軽油
排気量2693cc
乗車定員5人
燃費10.1km/L〜
全長5,340mm
全幅1,855mm
全高1,800mm
車両重量2875kg〜
前輪サイズ265/65R17
後輪サイズ

トヨタでおすすめするキャンプ車は「ハイラックス」です。

大型ピックアップトラック車であり荷台には最大500kgの荷物も積載可能です。

錆や腐食にも強く悪天候時のキャンプやアウトドアでも車を心配する必要はありません。

価格が安いおすすめキャンプ車は?

スズキ ジムニー

引用元:ジムニー 価格・グレード|スズキ

ジムニーのスペック表
メーカースズキ
発売日2018年7月5日
駆動方式2WD、4WD
燃料ガソリン
排気量660cc
乗車定員4名
燃費14.3km/L
全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,725mm
車両重量1,040kg〜1,050kg
前輪サイズ175/80R16
後輪サイズ

価格が安いおすすめキャンプ車は「スズキ ジムニー」です。

軽自動車クラスのキャンプ車であり、価格帯も新車価格で200万円台とお手頃です。

リセールバリューも高く状態が良ければ、高価買取も期待できます。

レトロなアウトドア車は?

ジープ ラングラー

引用元:Wrangler(ラングラー)|Jeep®

ジープラングラーのスペック表
メーカージープ
発売日2018年10月25日
駆動方式2WD、4WD
燃料ガソリン
排気量1995cc
乗車定員5名
燃費10.1km/L〜
全長4,870mm
全幅1,895mm
全高1,845mm〜1,855mm
車両重量1,960kg〜2,030kg
前輪サイズ225/70R18
後輪サイズ

レトロなアウトド車としておすすめする車種は「ジープ ラングラー」です。

丸目のヘッドライトやどこか懐かしい外観デザインを感じられる車であり、高い走破性も兼ね備えています。

キャンプやアウトドアにもマッチする外観デザインは輸入車SUVとして、高い人気を記録する理由の1つです。

まとめ:自分の使用目的に合わせた車を検討しよう!

キャンプやアウトドアに向いている車と向いていない車は必ずあります。

特にキャンプやアウトドアに使う車は欲しい場合には、車の選び方が重要です。

購入してから「購入しなければ良かった」と後悔する前に、自分が欲しい車があれば実車確認を行うことをおすすめします。

最近では車中泊時に便利な収納グッズも多数販売されています。

自分もしくは家族との時間をより楽しくするためにもぜひ活用してみてください。

どの車を選べば良いのか分からない方は、記事内で紹介したおすすめ車種の中から選んでみましょう。

キャンプやアウトドア向けの車の選び方やおすすめ車種を理解して、最適なあなただけの車を選んでください。
   MAXXISからPR!!激安タイヤ・ホイール買うなら流通王! 流通王のロゴ
  • 新品タイヤ続々入荷中!
  • 店舗レビュー4.76点の高評価
  • 15時までの注文で即日発送!
目次