カーリースがやばいと言われる8つの理由!その真相と回避方法を詳しく解説!

カーリースやばいって何!?

「カーリースはやばい」とよく言われてるのは皆さんもご存知でしょう。

近年、車のサブスクとも言われており、利用者も年々増加してきているカーリースですが、インターネットで検索をすると「一度契約すると中途解約ができない」「契約満了後に追加費用が発生する可能性がある」など、カーリースはやばいという噂も出回っています。

しかしカーリースは、毎月定額で車を所有できることや頭金なしで新車に乗れるなど、多くの魅力的な部分も兼ね備えています。

そこで今回はカーリースがやばいと言われる理由と、契約満了まで快適にカーリースを利用するためのポイントを解説していきます!

カーリースがやばいと言われている理由
  • 車を購入するより割高だから
  • 車のカスタマイズができないから
  • 月々1万円台にはカラクリがあるから
  • 契約終了時に残価精算があるから
  • 走行距離制限に違反すると違約金が発生するから
  • 車を返却する際に原状回復費用が発生する可能性があるから
  • 契約期間中に中途解約ができないから
  • 審査に通らないとリース契約できないから

この記事では、教習所教官として車の維持管理について指導してきた私が、カーリースがやばいと言われる理由について詳しくご紹介します。

知らずに契約すると、本当にやばいことになるかもです。

カーリースを検討中の方は、ぜひ参考にしてください!

カーリースで後悔した人の意見
  • 想像していたよりもお金がかかった
  • 制限が多くて車の所有に疲れた
  • 違約金が高くて苦労した

カーリースは、メンテナンスや税金などの車にかかる費用を毎月一定額にまとめるサービスです。

「新車を購入するより安く車が手に入る」と勘違いしている方が、上記のような不満を漏らしているように思います。

カーリースに向いている人もいるので、カーリースで得する人もいますよ!

カーリースの仕組みをしっかりと理解して契約すれば、このような不満は出ないでしょう。

車好きのためのブランド『シカクイクルマ』
スクロールできます
ナイロンジェットキャップ
シカクイクルマTシャツ(ホワイト)
シカクイクルマTシャツ(ブラック)
ハイリフトTシャツ
海辺で休憩Tシャツ
カレッジプリントスウェット(グレー)
ボアフリースジャケット

クルマ関連のアパレルは無骨なデザインが多いという声を聞き、以下のような点にこだわりました。

  • 男女どちらでも着られるデザイン
  • 街に着ても着られるデザイン
  • さりげなくクルマ好きをアピール

¥15,000以上の注文で送料無料!

目次

カーリースがやばいと言われる8つの理由

車を購入するより割高だから

カーリースが、新車を購入するよりも割高なのは事実です。

例としてN-BOXのGグレードを新車購入する場合と、カーリースする場合で比較した結果、以下の通りとなりました。

N-BOXのGグレード
  • 車購入:1,718,190円
  • カーリース:2,844,600円

しかしカーリースには、税金や保険料などのその他諸費用も料金に含まれています。さらに頭金なしで初月から定額で乗れることや、車検や税金などの定期的な出費が無いのも大きなポイントです。

支払い総額だけで比べると高額ですが、新車購入の場合は車両本体価格のみとなっており、税金や車検などの料金は含まれていません。

そのため、必ずしもカーリースの方が割高だとは言い切れないのです。

契約期間やプラン、選択する車種などによってはカーリースの方がずーっとお得になる可能性もあるのです!

車のカスタマイズができないから

カーリースの車は所有権がリース会社にあるため、契約終了時に車を返却するのが一般的です。

貸し出した時と同じ状態で車を返却する必要があるため、穴あけ加工やカラー変更など、原状回復が困難な大幅なカスタムは禁止されています。ただホイールの履き替えやカーナビの取り付けなど、原状回復可能なカスタムは自由に行えます。

車いじりが趣味の方や自分好みにドレスアップしたい方は、カーリースの契約に注意する必要があるでしょう。

契約満了後に車が譲渡されるプランを選ぼう

カーリースの中には、契約終了時に車がもらえるプランを用意しているところもあります。

カーリースを利用しながら車を自由にカスタムしたいという方は、契約満了時に車がもらえるプランを選択しましょう。一定の条件を満たすことでリースしていた車を譲渡してもらえるため、残価精算の必要もなくなります。

このようなプランを選択することで、契約中もマイカーと変わらずに車に乗ることができます。

そのため契約期間中でも、走行距離を気にせず、車のカスタマイズも自由に楽しむことができます!

月々1万円台にはカラクリがあるから

カーリースでは「月々1万円台から新車に乗れる」と謳っている広告をよく目にします。

しかし月々1万円台には、3つの注意点があります。

「月々1万円で新車が乗れる」の注意点
  • 低いグレードで装備が不十分な場合が多い
  • 9〜11年という超長期契約になりやすい
  • 年2回のボーナス払いが10万円以上設定されている場合がある

これらを見落として契約してしまうと、予想外の出費に頭を悩ませることになるでしょう。

上記3つのポイントに気をつけながら契約内容やプランをしっかり見直しましょう。

また月々の支払い料金は人それぞれなので、自分が無理なく払える金額で契約をしましょう。

契約終了時に残価精算があるから

カーリースは、契約時に残価設定をすることでカーローンよりも安く車に乗ることができます。

しかし契約満了時に返却する車が、契約時に設定された残価よりも価値が下回っていた場合は、その差額を支払わなければいけません。

このように、最終的に残価を補う出費があることが、やばいと言われる1つの理由です。

残価を気にしたくな人はクローズエンド方式で契約をしよう

カーリースには「オープンエンド方式」と「クローズエンド方式」の2種類の契約方式があります。

?オープンエンド方式とは?
月々の支払い金額を抑える代わりに、契約満了時に追加請求される可能性がある契約方法です。

?クローズドエンド方式とは?
月額料金が高くなりやすい傾向がありますが、契約満了時に追加料金が発生しない契約方式の事を指します。

上記で解説したように、契約満了時に残価精算が発生するケースはオープンエンド方式で契約した場合です。

クローズエンド方式で契約をすれば、残価の存在や条件を知ることができません。そのため、実際に残価での差額が生じても精算する必要がないのです。

走行距離制限に違反すると超過料金が発生するから

一般的にカーリースでは、契約時に設定した車の残価を保つために1ヶ月間の走行距離の上限を設定します。

走行距離制限が設けられていることで急な遠出に対応できなかったり、常に走行距離を気にしながら乗らないといけないことがデメリットだと言われています。

さらに設定した走行距離の上限を超えてしまうと超過分の料金を支払わなければいけません。

上限や超過料金はリース会社によって異なりますが、

・月間走行距離:平均500〜2 ,000km

・超過料金:5〜10円/1km

が相場となっています。

しかし超過の有無は契約満了時に総合走行距離として判断されることが多いため、走行距離をオーバーしてしまった月があっても結果的に上限を超えていなければ追加料金が発生することはありません

先月の走行距離が20kmオーバーしても、今月の走行距離を20km減らせば問題ないということですね!

心配な方は走行距離を多めに設定しておこう

ソニー損害保険が行った「2023年 全国カーライフ実態調査」では、平均年間走行距離が6,791kmだと発表されました。6,791kmというと、東京から大阪を約13往復ほどに該当します。

このデータを参考に、自分のライフスタイルから月の走行距離を計算してみましょう。

もし走行距離が超えそうな場合はあらかじめ走行距離を1つ上のプランに設定しておくことがおすすめです。

また、車を頻繁に使う人や遠出が多い方は、走行距離が無制限のプランもあるので検討してみましょう。

有名なMOTAカーリースや定額カルモくんでは、7年以上の契約であれば走行距離制限がないプランがあるため、マイカー感覚で車を利用することができます。

(家から職場の往復距離×出勤日数)+休日など車の使用状況に応じた距離 で計算してみよう!

車を返却する際に原状回復費用が発生する可能性があるから

カーリースは契約が終了すると車を返却するのが一般的です。返却時には「原状回復」が義務づけられています。

原状回復とは、車を返却の際に契約当初の状態に戻すことです。

そのため車を改造していたり、損傷や社内の汚れがなど車の価値が下がる要因がある場合は、返却時に追加の費用を請求されることがあります。

シートカバーやドリンクホルダー程度なら取り外しが可能なため、原状回復費用がかかることはありません。

また、リース期間によって原状回復費用が変わることはありませんが、期間が長ければそのぶん車を壊してしまう可能性も高くなるので注意しましょう。

日常の使用に伴う損傷や経年劣化については、残価設定の時点で折り込み済みなので、原状回復する必要はありません

原状回復費用の保証を受けられるプランを選ぼう

車が故障した際、リース車の修理費用は契約者が自己負担するのが一般的ですが「メンテナンスリース」と「ファイナンスリース」2種類のどちらを選ぶかによって自己負担額が異なってきます。

メンテナンスリースとは、税金や車検など全ての費用が月額の料金に含まれており、契約者はガソリン代と駐車場代のみの負担となる。

ファイナンスリースとは、車のリース代のみ含まれておりそれ以外は全て自己負担となる契約で、自己負担額は増えるが月のリース料金は安くなる。

原状回復費の保証を受けたい方は、メンテナンスリース契約をしましょう!

中途解約ができないから

車を乗り続けていると、ライフスタイルの変化やアクシデントによって車を手放したくなることがあります。

しかしカーリースでは、契約内容の変更や中途解約は原則認められていません。

例外として車が災害や事故・盗難などで全損扱いとなった場合は中途解約金として、契約期間終了までの利用料金と残価を支払わなければいけません。

この時に発生する中途解約金が発生することがやばいと言われています。

しかし車を購入した場合でも、何らかのアクシデントで走行不可になってしまうと、残債がなくなるわけではないため、カーリースだけのデメリットとは言えません。

適切な契約年数の選択やプラン内容を見直そう

中途解約金のデメリットはカーリースだけに限ったことではありませんが、高額な料金が発生してしまうのは事実です。

無駄な違約金が発生しないためにも、自身のライフプランに合った契約年数の選択任意保険に加入をする際に違約金特約をつけるなど、万が一のために備えておくことでこちらのデメリットを回避しましょう。

KINTOやピタクルには解約金がかからないプランもあるため、中途解約のリスクがある方はチェックしましょう!

審査に通らないとリース契約ができない

カーリースを利用する時は、車購入時と同様にローンの審査に通過しなければいけません。

カーローンの場合、クレジットカードや他の借り入れがない状態で、年収の半分が自動車ローンを組める目安だと言われています。年収400万円の場合は、総額200万円の自動車が目安ということになります。

しかしカーリースの場合、契約時に残価設定をすることから、車両本体価格を安く抑えられるので審査に通りやすくなります。

例えば250万円の車を購入する際、購入の場合は250万円全額が審査対象になるのに対して、カーリースでは残価設定が50万円だった場合、審査対象の価格は250万円−50万円となります。そのため車を購入する時のローン審査に比べて通りやすいのが特徴です。

カーリースは車購入時のローンを組むよりも審査が通りやすいから、デメリットだと感じる方は少ないでしょう

審査に通るか不安な方はニコノリがおすすめ!

ニコノリは「ジャックス」「アプラス」「オリックス自動車」「オリコオートリース」の4つの信販会社と提携を行っています。そのため、「A社とB社で審査に落ちてしまったがC社で審査に通過できた」という可能性もあります。

公式サイトでも、審査が比較的通りやすいサービスであることを紹介しています。

通常1つの信販会社としか提携を行っていないカーリースサービスよりも、審査に通過できる確率は高いでしょう。さらに、リース料金が安いということも、審査の通過確率を高める大きな利点となっています。

回避方法を踏まえた上で、カーリースを契約すべきでは無い人の特徴

確実に支払い総額を安くしたい

カーリースはトータル的に見ると、車を購入するよりも支払総額が高くなります。

その理由は、車両本体価格以外の車検や税金なども月額の料金に含まれるからです。

車をローンで購入した場合は車両本体価格のみ支払います。車検や税金は個人で支払うためその期間は出費が多くなります。

しかしカーリースの場合は、リース料金にプラスして車検や税金なども月額料金に含まれるため、どの期間も一定額で車を維持することができます。

このようにカーリースは車両本体価格以外の諸費用も月額料金に含まれるため、月の支払額は購入よりも高くなります。

初めから車の所有権を自分にしたい

カーリースはレンタカーなどに比べて、自由に使用できるのが特徴です。

しかし車の所有名義はレンタカー同様自分ではなくリース会社になります。

元々カーリースは会社が個人の代わりに車を購入し、お得に車を所有できるためあくまでもリース商品となります。

「自分の車」という実感が沸かずにいまいちピンとこない方も中にはいるため、そういう方にはデメリットだと感じるでしょう。

契約当初から、本格的に自分の車として所有したい方には向いていないでしょう。

   MAXXISからPR!!激安タイヤ・ホイール買うなら流通王! 流通王のロゴ
  • 新品タイヤ続々入荷中!
  • 店舗レビュー4.76点の高評価
  • 15時までの注文で即日発送!
目次